リハビリテーション

一日でも早い回復のお手伝い…

やよい苑では維持期のリハビリテーションを担っています。維持期という言葉の響きは、心身機能を維持するだけの時期ととらえられがちですが、それだけではなく、積極的に生活の自立と在宅生活を支援していく時期です。この時期に老人保健施設の役割と機能の中でリハビリテーションの理念に基づき多職種協働でリハビリ支援を行います。

理学療法

理学療法では、関節の動きを良くする運動・筋力をつける運動などの運動療法、座る・立つ・歩くなどの動作訓練を行い、主に基本的な動作能力の維持・改善を行います。またホットパックやマイクロウェーブなどの物理療法にて痛みの緩和を図ります。

言語聴覚療法

言語聴覚療法では、音声・言語・嚥下機能、又は聴覚に障害のある方に対し、その機能の維持・向上を図る事を目的とし、言語訓練やその他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導等の援助を行います。

※理学療法士等が在宅へお伺いしリハビリを行う訪問リハビリテーションも実施しています。

ケアサービスの提供一覧に戻る